53丁目のシルバーファクトリー

2018
ヴィデオインスタレーション
3台のプロジェクター、3つのメディアプレーヤー、アルミホイル、三脚、電光掲示板、銀のごみ箱
サイズ可変

***********

『53丁目のシルバーファクトリー』はニューヨークの53丁目、5番街と6番街にまつわるアートと音楽の歴史からインスピレーションをうけたヴィデオインスタレーションである。
ニューヨークはグリッド状に道が張り巡らされ、横に走る通りはストリート(○丁目)、縦に走る通りはアヴェニュー(○番街)と呼ばれている。
人々は、この縦横の通りが交わる交差点から地図上のだいたいの位置を把握することができる。

53丁目と5番街の交差点にはユニクロがある。
ユニクロは近年MoMAの公式スポンサーである。
ユニクロの店内では、銀色の壁に商品が反復して陳列され、アンディ・ウォーホルの肖像が広告のポスターに使われていた。
ウォーホルは言うまでもなくニューヨークのアート史における重要人物のひとりである。
ポスターには「シルバーファクトリー」というキャッチコピーがついていた。
おそらくユニクロはウォーホルの「ファクトリー」を彼らのブランドイメージ作りのために参照し、そのコンセプトを店舗のインテリアデザインに応用したのだろう。

53丁目と6番街の交差点、つまりユニクロから1ブロック離れた交差点には、人気のハラルフードの屋台がある。
ハラルフードとはムスリムの人たちが食べることができる料理で、ニューヨークの街角にはいたるところにこの屋台があり、主に移民の人たちがこれらを運営している。
この屋台ではケバブを売っていて、ケバブはアルミホイルに包まれていた。
私はくしゃくしゃになったアルミホイルが道を歩く人々のすぐそばで舞っているのを見つけた。
60年代、ウォーホルがニューヨークのスターだった頃、ムーンドッグがこの交差点で演奏していた。
ムーンドッグはストリートミュージシャンとして生きることを選び、たいていはこの交差点に立ち、道行く人々の横で音楽を演奏するか自作の詩を売っていた。

53丁目にあるこの2つの交差点の中間に、象徴的にMoMAの建物が立ち現れる。