Blog

Archives:

Categories:

Meta:

[page 6 of 12] « TOP...4567810...END »

2016.02.02

公開撮影「新しい愛の体験」(仮)

2016年3月9日(水)~3月13日(日)
Art Center Ongoing
各日オープン18:00 スタート19:00
参加費:1500円

これは、カメラ(第2の目)を使った「新しい愛の体験」を模索する試みです。
期間中、作家(地主)は体験希望者とともにギャラリー内で撮影を行います。
「新しい愛の体験」 は観客に公開されます。

—–
思えば、思春期のころ、愛について知りたくて小説を読み始めた。
小説を読んでも肝心のところがよく分からなかった。今思い出すと面白いが、私が手に取ったのはゲーテの「若きウェルテルの悩み」だった。途中まで読み進めて、読むのをやめた。当時の私にはここには求める答えがないような気がしたのだろう。今でも表紙のデザインを覚えているけれど、最後まで読んだことはない。私は私が知りたい愛について教えてくれそうな小説を探しては読んだ。そして今もそれを続けている。
時々インターネットで愛について検索する。こんなことは馬鹿らしいと思いつつ、掲示板に投稿された相談とそれに対する答えを読み漁る。何時間もそれに費やしたあと、納得したような納得できないようなもやもやした気持ちを抱えたまま、止むに止まれぬ事情により読むのをやめる。(例えば、朝が来てもう寝なくてはいけない。もしくは、昼過ぎになりそろそろ本当に起きなくてはまずい。など)こんなことをしても時間の無駄なことは分かりきっていて、自己嫌悪になるけれど、これを数ヶ月に1度はやってしまう。

愛とは何なのか?

私はなぜ他人が定義する愛を知りたがるのか?

私はカメラを通して人と話すとき、一番深くコミュニケーションできるような気がしている。愛について面と向かって誰かと話すなら、たぶんカメラ越しにしかできないだろう。
そうしないと緊張してとてもそんなこと話せない。

今回の公開撮影では、カメラを通して、愛についてあなたと話してみたい。
——-

さらなる詳しい情報は随時このHPで発表いたします。

※撮影スタッフとして参加してくださる方を募集しています。
カメラ撮影や撮影補助をしていただきます。申し訳ありませんがボランティアになってしまいます。ただ撮影スタッフには「新しい愛の体験」を模索するための簡単なワークショップがあり、他の体験者とは異なる体験をすることができると思います。
期間中の公開撮影にすべて参加できる方が望ましいですが、そうでない方もぜひ一度ご連絡ください。
ご興味のある方はお気軽に
mashiinukojiアットgmail.com(アットは@に置き換えてください)までご連絡ください。

※体験希望者を募集します。
詳細については作家HP、twitter(@Maiko_Jinushi)にて追って告知いたします。

※公開撮影で撮影された映像は今後作品として発表される可能性があることをご了承ください。

問い合わせ先:mashiinukojiアットgmail.com

2016.01.27

Unusualness Makes Sense – Alternative Art Practices by Thai and Japanese Artists

約1ヶ月間タイのチェンマイで滞在制作し、展覧会に参加します。
東京のArt Center OngoingとチェンマイのChiang Mai Art Conversation (CAC)による共同のプロジェクトで、
日本から5名、タイから2組のアーティストが参加します。

Unusualness Makes Sense – Alternative Art Practices by Thai and Japanese Artists
会期:2016年2月18日〜25日
会場:チェンマイ大学アートセンター
オープニング+シンポジウム:2016年2月20日 18:00〜

アーティスト:
Jiratchaya Pripwai(タイ)
Chiang Mai Collective (CMC) – Arnont Nongyao & Thatchatham Silsupan(タイ)
井出 賢嗣(日本)
小山 友也(日本)
青木 真莉子(日本)
衣川 明子(日本)
地主 麻衣子(日本)

キュレーター:
小川 希(Art Center Ongoing)
Sutthirat Supaparinya(Chiangmai Art Conversation)

2015.04.24

わたしの穴 美術の穴

4/26(日)18:00〜 「わたしの穴 美術の穴」展示会場で高石晃・地主麻衣子によるパフォーマンス「部屋と穴とわたし」を行います。
展覧会は残すところ明日から日曜日までの3日間です。
http://space23c.com/
https://www.facebook.com/events/292058014251405/

2015.01.03

おおきな口、ちいさな手 もしくは ちいさな口、おおきな手

3年ぶりの個展です。
新作の映像作品を展示します。
また、会期中にはイベントもあり、映画監督の五十嵐耕平さん、脚本家の久保寺晃一さんとトークをします。
劇映画を作っていらっしゃるお二人と美術と映画のあいだにある曖昧な部分について話せたらなと思っています。

2015.1.7 (水) – 1.18 (日)
12:00 – 21:00 (月・火休)
入場料:400円(セレクトティー付き)
Art Center Ongoing

■1月10日(土)19:00 〜 オープニングパーティ 参加費:1000円(軽食+1drink+入場料)

■1月11日(日)19:00 〜 トークショー「映画の人、オンゴーイングにあらわる」 
五十嵐耕平(映画監督)、久保寺晃一(脚本家)、地主麻衣子(映像作家)
『息を殺して』がロカルノ国際映画祭で上映された五十嵐耕平監督と、同作で助監督をつとめた久保寺晃一さんをお招きし、美術と映画のあいだの可能性について話します。 参加費:1000円(1drink+入場料)

■1月18日(日)15:00 〜 Pre Ongoing School 参加費:1500円(ケーキとドリンク付き、先着30名様)
作家本人による展示作品の解説を交えてのレクチャー。お好きなケーキとお飲物がついてきます。

2014.08.17

黄金町バザール 2014

黄金町バザール2014が始まりました。
私は6月から2ヶ月滞在制作をした「馬が近づいてくる音」という約80分のビデオインスタレーションを展示しています。
5月にblanClassでおこなった公開撮影をもとに作ったものです。
公開撮影をしたときからさらに世の中の状況は変わって、今のタイミングでこの作品を展示できて良かったなと思っています。
またアジア各国やカナダからアーティストが来て、2ヶ月一緒に住んで、話して、ご飯を食べて、
という環境でこの作品を作れたことは自分にとって貴重な経験でした。
期間中にはシンポジウムもあります。
ユニークな視点のシンポジウムで私はとても楽しみにしています。
横浜トリエンナーレと共通チケットもありますので、ぜひあわせてご覧頂ければと思います。

黄金町バザール2014
2014年8月1日(金)〜11月3日(月・祝)
11:00〜19:00 ※一部夜間の展示を予定
(毎月第1・3木曜日は休み)
http://www.koganecho.net/koganecho-bazaar-2014/

2014.06.17

黄金町滞在記 1

今日は日暮里のトマトに布を買いにいって、
試しにプロジェクターで投影してみた。
まだ展示場所の窓をふさいでいないので、日が暮れてから作業をした。
私は本当に臆病というか、怖がりで、
誰もいない暗い一軒家に1人でいると…正直こわい。
自分の精神衛生のために、横浜高島屋でアロマオイルを買ったりした。
アロマオイルなんて人生初めてだけど、結構良いものだ。
店員さんに
「誰もいない古い一軒家で作業することになり、不安感がある(怖い)」
「集中したいし、インスピレーションもほしい」
と言ったら、ジュニパーとグレープフルーツを配合するのが良いと教えてくれた。
ジュニパーは昔ヨーロッパで悪魔払いに使われていたらしく、
集中力を高め、殺菌作用もあるらしい。
グレープフルーツにも集中力を高めたり、気分を明るくする効果があるらしい。
ぴったりです!
高島屋の店員さんがすごい人に思えた。

そのことを彼氏に電話で話したら、「ソルティドッグの組み合わせだね」と言われた。
ジュニパーはジンの原料なのだそうだ。
どうりで。
私はソルティドッグが好きなので、この香りも好きなわけだ。

ジンといえば、レイモンド・カーヴァーの「ぼくが電話をかけている場所」という短編小説を思いだす。
アルコール依存症のリハビリ施設でのお話で、
主人公が同じ境遇の入居者に、「なんでそんなにたくさんジンを飲むようになったのか?」と聞くと、
彼は「味がすごく気に入っちゃったんだよね」というような感じの返事をする。
その答えにリアリティがあるなぁと思ったのを思いだす。

そんなジンの原料であるジュニパーと、グレープフルーツのアロマオイルを焚いてみたが、
やはり気が高ぶって、しばらく作業して帰ってきた今も気が高ぶっている。
滞在場所に戻っても誰もいないので、人の声が聞きたくなり、
勉強をかねてBBCのポッドキャストを聞きながら夕食を作った。
それでも気が静まらないので、おっとりした友達に電話をかけて世間話をした。
ちょっとは落ちついたが、やっぱりソワソワするので今ブログを書いている。

なんだか最近妙にFacebookやTwitterを見てしまう。
依存症である。
読みたい本があるのだから、ちゃんと本を読みたいと思う。

—-
それはそれとして、今回黄金町に向けて展示準備をしていて、とても充実感がある。
制作費が出るので、今までできなかったようなことにチャレンジできるので、
やりたいことは全部試したいと思う。
「イエーイ!よろしくね!」と私の展示場所に向けて、あいさつ。

みなさまも、すっかり夏ですが体調にお気をつけください。

2014.06.04

黄金町滞在1日目

8月から始まる「黄金町バザール」に参加します。
http://www.koganecho.net/koganecho-bazaar-2014/
今日(今は深夜3時なので正確には昨日)から滞在を始めました。

ということで、日記です。

黄金町滞在1日目。
他にもアーティストがいるかと思ったら私が一番乗りだったらしい。
ジャック&ベティという映画館が徒歩3分の場所にあり、プログラムを見たら「ある過去の行方」と「チョコレートドーナツ」をやっているので狂喜乱舞。
というのは言い過ぎだけど、心の中で飛び上がる。
観たかったけど諦めていた映画だったので。
両方昼のプログラムだったので、とりあえず今日の夜は「ダリオ・アルジェントのドラキュラ」を観た。
CG感を隠そうとしていないところ、中世なのに人工照明感のある光、巨大なカマキリが出てくるところが良かった。満足。

2014.04.29

公開撮影『馬が近づいてくる音』

横浜のblanClassで公開撮影をします。
あくまで「公開」することを前提に、しかし「撮影」することを怠らない。
という試みです。
1日のみですが、ぜひご覧いただければ幸いです。
—-
公開撮影|地主麻衣子 [馬が近づいてくる音] 

地主麻衣子と菊川恵里佳による公開撮影。「馬が近づいてくる音」をドラムでいかに表現するかということを軸に、2人がビデオカメラ越しに会話します。菊川をとらえたある種のドキュメンタリーとしてこの撮影を行います。映像は観客へ向けて同時上映されます。
http://blanclass.com/japanese/schedule/20140510/

日程:2014年5月10日(土)
会場:blanClass
MAP:http://blanclass.com/japanese/about/map/
開場:18:30 開演:19:30
入場料:1,300円(ワンドリンクつき)
軽食(無料)もご用意しております。

2014.04.29

blanClass放送室

blanClass放送室に出演しました。



Video streaming by Ustream

2014.04.18

「父と母」DM

現在TALION GALLERYで開催中の「父と母」展のDMは
フィルムみたいなデザインです。
映像の展覧会だからこうなった、というわけではなくて、
前回の企画展「母と父」と連動したデザインみたいです。

2014.04.18

撮影アシスタント募集

5/10(土)横浜のblanClassで公開撮影をやるのですが、その際にお手伝いをしていただける方を探しています。
撮影アシスタントです。
気になった方はContactにあるメールアドレスまでご連絡ください。
よろしくお願いいたします。
http://blanclass.com/japanese/schedule/20140510/

2014.04.09

THE LAST BAUS × TERATOTERA 10×10 映画と映像と

新作映像を吉祥寺バウスシアターで上映します。
バウスシアターが閉館してしまうので、
「さよならバウスシアター、最後の宴」として
たくさんのイベントが開催されていますが、
その一環として企画されたものです。
バウスシアターと言えば、爆音映画祭。
爆音映画祭と言えば、ペドロ・コスタの「ヴァンダの部屋」を途中でギブアップした思い出。
うるさすぎるし、なんなんだこの映画は?と思って耐えきれなくなり外に逃げました。
その記憶とバウスシアターが強烈に結びついています。
バウスのアナーキーさに負けないよう、せっせと新作作ってます。
1回のみの上映ですので、お見逃しなく!

開催日時: 2014年4月27日(日)11:20-13:30 開場11:05
会場:吉祥寺バウスシアター
参加作家:泉太郎、井出賢嗣、大木裕之、小鷹拓郎、鷺山啓輔、柴田祐輔、
鈴木光、地主麻衣子、山本篤、和田昌宏
アフタートーク:宮沢章夫(劇作家、演出家、作家)
入場料:1,500円
http://teratotera.jp/event/kichijoji2014/index.html

2014.04.09

父と母

映像作家4人によるグループ展に参加します。
今までに作った4つの映像をすべて上映します。
この機会に是非ご覧ください。

「父と母|Father and Mother」
小沢裕子、地主麻衣子、鈴木光、百瀬文
TALION GALLERY
http://www.taliongallery.com/jpn/upcoming/
日程:2014年4月12日(土)〜5月3日(土)
オープニング・レセプション:2014年4月12日 18:00-20:00
4/29、5/3は開廊します。

2014.03.30

春がきた

いよいよ春が来ました。
今日はとても暖かくて、キッチンの窓を開けて夕ごはんを食べました。
セクシーな感じがしました。
夏の予感はやっぱりセクシーです。生命力のうずきです。

大阪でシネドライブに参加して、いろいろ思うところがありました。
今年は発表の機会が多いので
新作をたくさん作らなきゃいけないにも関わらず
自分が立っている地面が揺るぎました。
映像、映画、自主映画、実験映画、なんでもいいんですけど
そういった存在の底なし沼を見た感じがしました。
映画は人間を食い尽くすんだな、と。
いろんな作品があって、それぞれ本気でした。
それぞれ本気の中で、やはり面白い作品とあまり面白くない作品があって
その基準はもちろん人によって違うとは思うんですが、
厳密にあって、
自分の作品もそのふるいにかけられるわけです。もちろん。
なんか今更ながらシビアな世界だなと思いました。

大学を卒業してから、展覧会に参加する機会をいただいたりして
そういうときはあんまりそういうことは考えてなくて、
作品のことだけを考えていたんです。
ある意味、これまで自分が発表してきた場所には他者がいなかったのかもしれないです。

話の通じない他者に自分の作品を見せたとき、
自分の作品について語らなきゃいけなくなったとき、
突然口が回らなくなってたどたどしくなり、
自分ってこんなに何にも考えてない人間だったんだっけ?とびっくりしました。

面白かった話。
村上賢司監督の『オトヲカル』という8mmフィルム作品がクロージングで上映されました。
これは現在生産終了してしまった8mmフィルムへの鎮魂歌のような、
もしくは最後に華々しく血ドバーのとどめを刺すような強烈な作品でした。
消費期限がかなり前に切れたフィルムを使って、様々な対象を撮っているのですが
フィルムの劣化によりほとんど何も映っていません。
緑色の背景に抽象アニメーションみたいなノイズが映っています。
そこに監督の絶叫が聴こえます。
「俺は今、女を撮っている!女を撮っている!女を撮っている!」
それで、ああ、映ってないけど、カメラの先には女性がいるんだなと思うわけです。
たまにうっすら陽炎みたいに対象物の輪郭が映ります。
その瞬間、感動してしまいます。

主演女優のトークがあり、撮影のエピソードを教えてくれました。
村上監督に呼び出されて、「たぶん何も映らないから服脱いで」と言われたので脱いだと仰っていました。
しばらくしてからもう一度監督に呼び出されて、
「現像してみたらやっぱり何も映ってなかったから、大丈夫。もう一回脱いで。」
と言われ、また脱いだと仰っていました。

ただ女を撮っていたんじゃなくて、女の裸を撮っていたんだなと思って。
それありきの絶叫ということで、なんかいいなと思いました。

[page 6 of 12] « TOP...4567810...END »