Blog

Archives:

Categories:

Meta:

[page 7 of 12] « TOP...5678910...END »

2014.03.02

シネドライブ2014

大阪で3/21〜23まで開催されるインディペンデント映画祭、シネドライブ2014にて「スーパー・ヤング・チリ」が上映されます。
関西にお住まいの方は是非観にきてください。
http://cinedrive2014.businesscatalyst.com/
各上映前に監督挨拶があります。
また3/20(木)23:30〜 シアターセブンにてオープニングイベントがあります。
オールナイトで映画について語るという熱い企画です。
どなたもお気軽に参加できますので、ぜひ来てください。

3/21(金)10:00〜 プラネット+1、21:00〜 シアターセブン
3/22(土)17:00〜 天劇キネマトロン
3/23(日)14:00〜 イロリムラ

2013.12.30

MANGOSTA

マンゴーを食べるスター = マンゴスタ

2013.12.30

THE BAKA

KUNCI バージョンのどっぢ

2013.12.29

A VOYAGE TO THE CHILI RAIN SEASON


インドネシアのジョグジャカルタにあるRuang MES 56というアーティスト・コレクティブで上映会を行います。
「スーパー・ヤング・チリ」(2013)、「ところどころ春冬」(2012)、「声」(2010) の3作品を上映します。
上映後にはどっぢのパフォーマンスもあります。
また、ジョグジャで活動しているリサーチャーであるKarina Roosvitaとコラボレーションして、この上映会のムードを作ります。

2014年1月3日、4日
スタート:8:00 pm
会場:Ruang MES 56,
住所:Jalan Minggiran No. 16 A, Yogyakarta

スケジュール
2014年1月3日:
1. スーパー・ヤング・チリ (27分)
2. 声 (11分)

2014年1月4日:
1. ところどころ春冬 (77分)
2. 声 (11分)
3. どっぢのパフォーマンス


以下、イベント概要です。

This event is the screening of three films by Maiko Jinushi (Tokyo). “Super Young Chili” (2013) is comedy about the art world. It had be shown at Yoyo Art Bar, Koganecho Bazaar 2013, Yokohama. “Here and There, Spring and Winter” (2012) is the feature film about people lived in Tokyo after the earthquake and Fukushima disaster. It had be shown at Art Center Ongoing, Fukuoka Independent Film Festival and Theater Image Forum. “Voice” (2011) is her first video work and it is about individual confession. It had be shown at Art Center Ongoing.

The presentation will be accompanied with Dodge (Tokyo) performance. Dodge is a sound and poetry reading performance group. The member is Maiko Jinushi, Hitomi Tada and Erika Kikukawa. In this time, Maiko and Hitomi will perform.

This event collaborates with Karina Roosvita (Yogya) to improve the mood of the presentation.

Maiko Jinushi (born in 1984) is an artist based in Tokyo. She obtained her master degree in Painting, at Tama Art University, Tokyo. She was interested in personal stories and used it in her drawings along with poetic yet long titles. These long titles were extended into short stories and she reads them as her performance. In 2010, she started to develop her storytelling practices into video works. Her works were shown at Art Center Ongoing (Tokyo), Art Award Tokyo (Tokyo) and Fukuoka Independent Film Festival (Fukuoka).

Video screening kali ini akan menampilkan 3 (tiga) film oleh Maiko Jinushi (Tokyo). Film pertama berjudul “Super Young Chili” (2013), sebuah film komedi pendek mengenai dunia seni yang telah diputar di Yoyo Art Bar, Koganecho Bazaar 2013, Yokohama dengan Wok The Rock sebagai salah seorang pemerannya. Video kedua berjudul “Here and There, Spring and Winter” (2012), merupakan film panjang mengenai perasaan-perasaan penduduk Tokyo setelah gempa besar dan tragedi Fukushima. Film ini telah diputar di Art Center Ongoing, Fukuoka Independent Film Festival dan Theater Image Forum. Sedangkan film ketiga berjudul “Voice” (2011), berisikan pengakuan-pengakuan personal yang merupakan karya pertama Maiko. Film ini juga telah diputar di Art Center Ongoing.

Selain pemutaran video, akan tampil juga grup musik Dodge (Tokyo), sebuah grup musik yang beranggotakan Maiko Jinushi, Hitomi Tada dan Erika Kikukawa, yang merupakan grup dengan ciri pembacaan puisi yang diiringi bebunyian. Penampilan Dodge kali ini diwakili oleh Maiko dan Hitomi.

Untuk memperkental mood selama presentasi, event ini berkolaborasi dengan Karina Roosvita (Jogja) yang akan mendokumentasikan ekspresi-ekspresi penonton selama pemutaran.

Maiko Jinushi (lahir 1984) adalah seorang seniman yang tinggal di Tokyo. Dia mendapatkan gelar Master di bidang Seni Lukis dari Tama Art University, Tokyo. Dia tertarik dengan cerita-cerita personal dan menggunakannya dalam gambar dengan judul panjang yang puitis. Judul-judul panjang ini lalu dikembangkan menjadi cerita pendek yang ia bacakan sebagai performance. Mulai tahun 2010, dia mulai mengembangkan praktik berceritanya ke dalam karya-karya video. Karya-karyanya dipamerkan di Art Center Ongoing (Tokyo), Art Award Tokyo (Tokyo) dan Fukuoka Independent Film Festival (Fukuoka).

2013.12.07

インドネシア

さて、近況まとめ終わり。
あさってからインドネシアのジョグジャカルタに行って参ります。
KUNCI cultural studies centerという場所に滞在します。
スーパー・ヤング・チリも上映してもらえるみたいです。
ジョグジャカルタは面白いと、いろんな人から聞くので、楽しみですね!

2013.12.07

たのもしいむすめ

柴田聡子さんのフェスティバル/トーキョーでの公演「たのもしいむすめ」に
映像記録として参加しました。
電球1つにギター1本、というシンプルで潔い演出でした。
私はリハーサル、1日目、2日目と3回観ることができて、
しかもずっと近くで観ていることができたので、
なんて贅沢だったのだろうと思います。
記録係の特権!
ありがとうございました。

2013.12.07

ハッスル/キャッスル

画家の千葉正也さんが「ハッスル/キャッスル」というタイトルの公開制作をされていたのですが、
そのなかで3日間、一緒に映像を撮影しました。
撮影前に文章をやりとりし、千葉さんは自分の顔の木彫を作っていました。
かなり、いい映像が撮れた気がします。
これは今も編集中。

撮影期間:2013年11月2日〜4日



写真はすべて斎藤 玲児くん撮影

2013.12.07

スーパーオープンスタジオ

おひさしぶりです!
怒濤の日々だったので全然更新していませんでした。
自分が忘れないためにも、何をやっていたのか簡単にまとめておこうと思います。

まず2013年10月12日 ~ 2013年11月17日
相模原のスーパーオープンスタジオに参加しました。
井出さんに誘っていただき、TANA Studioで「声」という映像作品を展示しました。
TANA Studioでは
井出賢嗣さん、阿部恵実さん、川名紀子さん、田上桂さん、福永大介さん、桑久保 徹さんと一緒に展示しました。



TANA Studioのオープニングでは、どっぢのパフォーマンスをしました。
Mudaiでもやった「2666」の朗読です。
worksのperformanceのなかに記録をアップしたので、観てみてください。
http://maikojinushi.com/works/performance

2013.09.21

スーパー・ヤング・チリ上映会@黄金町

最新作の映像「スーパー・ヤング・チリ」を9/27(金)に初上映します。
現在、黄金町バザールに参加しているインドネシアのアーティストWok the Rockさんのプロジェクトスペース「YOYO art bar」での上映です。
「YOYO art bar」はWokさんが美術、音楽、デザイン、建築とジャンルを問わずいろんな人が集まれる場所として企画したスペースです。
上映場所はちょっと狭いんですが、ワールドプレミアです!
観にきていただけたら嬉しいです。

日時:2013/9/27(金)20:00〜
上映時間:30分
場所:〒231-0053 横浜市中区初音町1-23-3
http://www.koganecho.net/koganecho-bazaar-2013/map/t10hatsune.html

予告編
http://www.youtube.com/watch?v=2Us0zU2LUgs

2013.09.05

今週は大忙し。その2

そして9/7はドラマ「悠になりたかった犬」全4話上映会です。

山本悠主演ドラマ「悠になりたかった犬」全4話を、展覧会「タダ飯を山で食う」会場で一挙上映。
さらに各話を監督した青柳菜摘、沼田友、地主麻衣子、石田祐規をゲストに迎え、「悠になりたかった犬」の秘密にせまるスペシャルトークを行います。

会場:神保町 試聴室(東京都千代田区西神田3-8-5)
日時:9月7日(土)19:00 ~ 21:00(展示 ~ 22:00)

入場料:予約 1500円+1D(スペシャルDVD付)
    当日 1500円+1D(スペシャルDVDなし)
——
ドラマ「悠になりたかった犬」公式サイト
http://yuui.nu/

公開制作の記録tumblr
http://tadameshiyama.tumblr.com/

展覧会「タダ飯を山で食う」情報
http://tadameshiyama.tumblr.com/post/58424198480

Google マップ
http://goo.gl/r36STi
——-
このドラマは主演の山本悠くんが神保町・試聴室で公開制作をするということで
実際に同じ公開制作のメンバーである多田ひと美さん、飯沢未央さんも巻き込んだフィクションとして
企画されたものです。
そのため出演者はみんなアーティストです。
多田さん、飯沢さん以外の出演者も、画家だったり写真家だったりアニメーション作家だったりします。
またキャラクターデザインをしているのも普段はアーティストの方々です。
山本くんが集めてきたいろんな人が関わって、この変なドラマができています。

私は第3話を監督しました。

第3話予告編

2013.09.04

今週は大忙し。その1

今週はイベントがたくさんあります。

まず9/6(金)『くへV NIGHT』にて、どっぢのライブです。
恵比寿ナディフアパートの4階にある「」mudai というスペースでやります。
21:00~23:00
https://www.facebook.com/events/609851355721062/
いい感じのバーみたいなので、金曜夜の花盛り、一杯飲みがてら朗読聴きにきてください。
まだ読んでいる途中のロベルト・ボラーニョ「2666」の一節を読みます。
読んでいる途中のものを朗読するってどうなのよ?という意見もあると思いますが、
なにしろ長い小説なのです。
私はもはや読み進めるのを急いでいません。
日々の友としてゆっくり付き合っていこうと思っています。
なので、読み途中なのに朗読する、ということもアリなのです。

2013.08.21

悠になりたかった犬

最近何をやっているかというと、
「スーパー・ヤング・チリ」の編集と「悠になりたかった犬」というショートドラマの撮影をしていました。

「チリ」はこつこつ編集しています。
いろんな方から「もうできた?」と聞かれて
「まだ編集中です。」と答えているのですが、
決してさぼっているわけではありません。。
たぶん7-8割くらいのところまで漕ぎ着けたかな?という感じです。

「悠になりたかった犬」
山本悠くんが企画/主演している全4話のドラマです。
4人の監督が順番に撮っていくシステムで、私は第3話を任されました。
山本くんが悪魔と取引をして犬になる、という内容のお話で
最初企画書をもらったときは正直???でしたが、
やっていくうちに面白くなってきました。
考えてみれば自分以外の人が書いたストーリーを撮るというのは初めてなので、
人の脚本で映画を作るというのはこういうことなのか、と
発見があります。

第1話(青柳菜摘監督)公開中です。
http://yuui.nu/

2013.08.21

「くへV」が主催する一夜限りのパフォーマンスイベント 『くへV NIGHT』

ひさしぶりにどっぢのライブをやります。
今回はボラーニョを読む予定です。
よろしくお願いします!

日時:2013.9.6(金) 21:00~23:00
出演: 松岡友/赤星一/どっぢ
入場料: ワンドリンク1000円
会場: 「」mudai 恵比寿ナディフアパート4階
NADiff a/p/a/r/t 4F, 1-18-4, Ebisu, 渋谷区 150-0013
03-6277-1645
https://www.facebook.com/mudai.jp?fref=ts

2013.08.21

福岡インディペンデント映画祭 2013

福岡インディペンデント映画祭 2013で「ところどころ春冬」が上映されます。
すごく行きたかったけど、今回は私は行けなそうです。
でも面白い映画祭だと聞いたので来年は行きたい。
1日だけの上映ですが、福岡近辺にお住まいの方はぜひ観ていただけたら嬉しいです。

日時:2013年9月5日(木)13:00〜
会場:あじびホール
映画祭HP:http://fidff.com/index.html#menu-1
作品ページ:http://fidff.com/com/2013-024.html

2013.07.17

ヤング・パースペクティブのつづき

私までご連絡いただければ、チケットが500円になる割引券をお送りします。
今、イメージフォーラムでは「熱波」という面白そうな映画をやっていますので、
そちらとあわせて是非観にきていただけたら嬉しいです。
※私も「熱波」観に行くつもりです。

2013.07.12

イメージフォーラム ヤング・パースペクティブ2013

イメージフォーラム ヤング・パースペクティブ2013にて
「ところどころ春冬」が上映されます。
タイムテーブル制になっていて、私の作品の上映は7/28(日)17:30〜です。
よろしくお願いします!

ーヤング・パースペクティブとは?ー
次代を担う若手映像作家特集プログラム。
アニメーション、ドキュメンタリー、ドラマ、デジタル・イメージなど多様なジャンルと、
そのジャンルをまたぐ新しいアプローチの新作を5プログラムで上映。
http://www.imageforum.co.jp/cinematheque/965/index.html

会期:2013年7月27日(土)、7月28日(日)
入場料:当日700円 会員500円 5回券2,000円 
各回入替制
会場:イメージフォーラム 3F「寺山修司」
会場URL:http://www.imageforum.co.jp/map.html

★プログラム
Aプログラム 2作品98分

ぼくが行方不明 村上英恵/デジタル/27分/2012

隣の隣人 隈本遼平/デジタル/71分/2012




Bプログラム 6作品85分

BBDance 薄羽涼彌/デジタル/1分/2012

ぐにゅぐにゅぐにゅ歩く 安田哲/デジタル/10分/2012

長い休日 小濱史雄/デジタル/15分/2013

Trash 小原正至/デジタル5分/2012

Video letter 海原聖/デジタル/18分/2012

Romantic City 太田信吾/デジタル/36分/2012




Cプログラム 1作品89分

ムシクイ 伊藤弘二/デジタル/89分/2013




Dプログラム 2作品96分

カテイ 緑茶麻悠/デジタル34分/2012

春くんとの密月 赤塚難/デジタル/62分/2012




Eプログラム 2作品84分

rhizome 大須賀政裕/デジタル/6分/2013

ところどころ春冬 地主麻衣子/デジタル/77分/2012



★タイムテーブル
7/27
15:00- A
17:30- B
19:30- C

7/28
15:00- D
17:30- E

[page 7 of 12] « TOP...5678910...END »