Blog

Archives:

Categories:

Meta:

[page 8 of 12] « TOP...678910...END »

2013.07.05

メモ130705

編集で苦悶したり、公募で落ちてへこんだり、単純にバイトとの両立に疲れたり、
PCモニターの前を蛾が通りすぎてドン引きしたりする一方、
友達が優しかったり、大好きな音楽家の歌を映画に使わせてもらえることになったり、
上映会をやってもらえたりしてありがたく幸せをかみしめる。
感情がいそがしい。

今日メールが来て、イメージ・フォーラムの「ヤング・パースペクティブ」という上映会で
2012年に撮った「ところどころ春冬」を上映していただけることになりました。
この上映会も5月に予定していたのが延期されたり、
もう流れてしまうんじゃないかとヒヤヒヤしていましたが、
無事に開催されることになったみたいで本当に嬉しいです。
イメージ・フォーラムは好きな劇場なのでなおさら嬉しいです。
(上映されるのは劇場のスクリーンではなく、「寺山修司」という名前の上映室。
寺山修司!おお、私の初恋の人)

うん、たくさんの公募に落ちているが、自分のペースでいくしかない。

2013.07.05

タダめし山まんが劇場

試聴室での公開制作「タダめし山」のメンバーの1人である山本悠くんが、私にまつわるマンガを描いてくれました。上映会をやらせてくれる上にこうやってPRまでしてもらい、本当にありがたや。。です。
さっそくマンガ第2弾も発表されています。山本くんの絵、いい味だしてます。
http://tadameshiyama.tumblr.com/
(なぜか私のPCブラウザではマンガが見れず、iPhoneで見てます)

7/7の上映会もよろしくお願いします〜

2013.06.27

愛すべきチリ・マスターズ


「スーパー・ヤング・チリ」キャスト&スタッフ!

今編集をやっているところですが、面白くなりそうです。
たくさんの人に観てほしいです。
上映したい!!!!!

7月7日に神保町の試聴室で、過去作の上映とスーパー・ヤング・チリの完成直前イベントがあります。
主演の澁谷さんや井出さん(井出さんは調整中)、そして撮影監督のカロリネ、
またインタビュアーの本間さんとトークもします。
→詳細→http://tadameshiyama.tumblr.com/post/53656315535
観にきてください。
よろしくお願いします。

2013.06.27

スーパー・ヤング・チリ

6月7日に新作の「スーパー・ヤング・チリ(仮)」がクランクアップしました。
良いシーン撮れました!
今回撮影を重ねるごとに機材がパワーアップしていき、最終的にキノフロのライトが登場しました。
まさか自分の撮影現場にこんなライトがくるとは。。。
それもこれも撮影監督のカロが頑張ったからです。
主演女優のサミーもさらに輝いています!





↑上の写真は、ラッセが即席で作ってくれた声を録音するためのセッティング。木製の壁は反響するから布でカバーするらしいです。
今思えば、私は一番最初の映像を作ったとき、アテレコ録音をコンパクトデジカメの録音機能で録っていたよ。。。

2013.05.13

こどものアトリエ はちさん

次のシーンのロケハンに行ってきました。
今回は友人夫妻のご自宅をお借りするんですが、
そこで最近絵画教室を始めたそうです。
教室用にアトリエスペースができていて、
絵本とか図鑑も揃っていました。
いつのまに?!と驚いたけど、
みどりちゃんは今までも絵画教室で教えていたし、
よく考えたらぴったりの仕事だなと思います。

いっぱい生徒さんが来てくれるといいなーと思います。

山手近辺で絵画教室を探している方はチェックしてみてください。
http://www.kidsart83.com/index.html

2013.05.04

新作撮影中です。

このところ新作映像を撮影中です。
短編になると思いますが、情熱と労力は惜しげなくかたむけてます!!!
少人数ながらすばらしい役者さんとスタッフに恵まれてます。
幸運に感謝。

友達のCarolineが撮影をしてくれてるんだけど、
彼女と一緒に映画を作るのはすごく楽しくて
もしかしたらこの映画はダブル監督として連名作品になるかも、、

彼女は映画がどうやってできるのかよく知っていて
私に現実的なアドバイスをくれます。
私は面白いイメージを思いつくことができるけど、それをどうやったら効果的に実現できるかの知識があんまりない。
結構良いコンビだと思います。

ひきつづき頑張りますので、楽しみにしていてください!

2013.04.05

憲法改正について

この数日、憲法と憲法改正について調べていた。
自民党の改正案はこのまますんなり通ったら恐ろしい内容なので
参議院選挙の前の今、みんなちゃんと考える重要な時期だと思う。
次の選挙で自民と改憲勢力が2/3以上議席をとったら、この草案がゴリ押しされてしまう可能性がある。。
ロシアの女性パンクバンドpussy riotがプーチンを批判したというので逮捕されたけれど、
そういう恐ろしい世の中になってしまう可能性があるってことだ。
現に世界にはそういう国が存在しているんだから、日本がこの先いつまでも人権が保障された国でありつづけられるとは限らない。自分たちの自由に直接関係あることだから、面倒くさいけど真剣に考えないと。

2013.03.27

ヨーヨー・アート・バー ~音楽とアートを探して~

3/28(木)黄金町で朗読バンドどっぢのライブをやります。
ちょっと都心からは遠いですけど、イベント自体が面白いと思うので遊びにきてください〜。
主催者のウォウォさんと井出さんいわく、音楽と美術をやっている人たちが会ってコミュニケーションをするバーのような場所ということですので、気軽な感じで来ていただければ!
エントランスフリー、ドリンク持ち込み制です!
http://koganecho.net/contents/event-exhibition/event-exhibition-584.html

———–
ヨーヨー・アート・バー
~音楽とアートを探して~
  
プレゼンテーション&パフォーマンス
出演:ウォック・ザ・ロック&井出賢嗣
どっぢ、川西隆史、モモコ・ヨハンソン
  
日時:2013年3月28日(木)19:00~23:00
   ※パフォーマンスは21:30まで
 
場所:高架下スタジオSite-Bカフェ
   (京急線「日ノ出町駅」または「黄金町駅」徒歩5分
    横浜市中区黄金町1-4地先)
 
お問合せ:黄金町エリアマネジメントセンター
     TEL045-261-5467 info@koganecho.net
  

2013.02.16

あらすか

今日は寒いですね。
久々に親戚一同集まって祖母の家でご飯を食べました。
楽しかった。
大学生と高校生のいとこがいます。
上は男の子、下は女の子。
女の子は風邪気味なのとテストが近いということで今日は来ませんでした。
男の子は大学のスキー部に入っているのでスキーの話を聞きました。
ポールをなぎ倒して滑っていく、あの難しそうな競技をやっているそうです。
私は人生で一度もスキーをやったことがないから
どんな感覚で滑っているのかまったく想像できません。
つい先日バイト先の先輩が、ガチャピンはすごい運動神経の持ち主で
スキーとかロッククライミングとかめちゃくちゃうまいんだよと教えてくれました。
ガチャピンがポールの間を華麗にスキーで滑っていく動画をyoutubeで見て
げらげら笑っていました。
まさかいとこがガチャピンみたいに格好よくスキーを滑っていたなんて、
知りませんでした。
来週もまた合宿に行くそうです。

2013.01.19

ある日曜日の昼

大阪から帰ってきて、これからやらなきゃいけないこと・やりたいことがたくさんある。

今、私は柴田聡子さんがライブで歌っていたキンキキッズのカバー
「君が欲しい 君が欲しい♪」って歌っている曲(曲名知らず)が
無性に聴きたい。
柴田さんがあの曲を歌っているときなぜか号泣してしまった。
最初のラップ調の部分から「郷愁」と言ってしまっていいのかよくわからない感情が、
段ボール箱につめてかたく紐でしばり押し入れの奥に入れていたはずの感情が、
やってきたのだろうか。

今も柴田さんを聴いている。

さて、なんやかやをやるために腰をあげよう。

2013.01.19

詩 1

すがすがしくも無名な気分
戦闘的で無名な気分

うっそぴょーん

心にあなたがいる限り
わたしは女
かよわい女

うっそぴょーん

2013.01.12

ひとり

今ふとぽっかり時間があいて、スタッフルームにひとりでいる。
ぼーっとしてこのまま意識がゆるんでしまいそうだ。
このあと深夜1時からゲーセンでの撮影がある。
他の人たちは今も別の場所で撮影をしている。

2012.12.21

さーて

さーて、お風呂入って寝るか。
眠いよー
水原希子ちゃんは「キレイの秘訣」として「自分の体を愛してあげること」
と言っていた。(とインタビュー記事に書いてあった)
「ボディークリームを塗ったり、ヨガをしたり」して自分の体を慈しむと
「睡眠時間が短くても翌日良い気分」なのだそうだ。
私は睡眠欲が強すぎて、眠いと自分の体を愛するどころじゃなく、
ただずとんとベッドに倒れたい。
芸能人は私より100倍くらい忙しいだろうに
自分の体を愛したり、ガーデニングをしたり、部屋をキレイにしたりして偉い。
心底偉いと思う。
部屋が散らかってる中で
そんなこといいつつブログを書いているが、
目はしょぼしょぼだー
さあ、風呂だ。

2012.12.20

さて

さて、いよいよ明日の夜、夜行バスで出発。
初の他の人の撮影現場。
楽しみ楽しみ楽しみ。
バイト後一旦家に帰ってからまたバス乗り場へ直行。
ころころがらがらのカートひきずって
代々木(新宿南口)に参ります。
まずは3日間 ああ向こうは寒いのかな
毎日お昼は12時か1時にお弁当食べる
規則的なバイト生活だったけど
これからちょっとだけワクワクする世界へ参ります
楽しみ楽しみ楽しみ。
あーあー私はうまくやれるかな。

毎日PC見て電車のってご飯食べて
それはそれで楽しいけど
なにか新しいことが起こるこの直前の興奮には敵わない

私はやる。
なにかを、
ああ、この音楽!
音楽聞いて飛ぶすごく気持ちいい瞬間みたいに
その気持ちはやってくる
ああ、これは若い!
バタフライ
くそみたいな唐揚げ売ってるコンビニ弁当
私は食べる、明日は食べる。
毎日食べたら油ぎとぎとの酸化人間になって
老けてしまう

こっち来い、あの向こうの
丘。

BGM: moe and ghosts

2012.12.12

作品ページ更新しました。

ところどころ春冬の作品ページ作りました。
予告編が見れます。
チェックしてみてください。

Works→video→ところどころ春冬
http://maikojinushi.com/works/video/harufuyu

2012.11.29

近況

12月終わりから1月にかけて、ある監督の現場に参加することになりそう。
ボランティアスタッフだけどすごく勉強になりそうなので楽しみ。
最近出会った友達と話していて、その友達から「現場を見た方がいい!」と言われたので
「うーむ。。。」と考えていたら
以前から興味があった監督がスタッフ募集していたのです。
すごいタイミングなので、いっちょ勉強してこようと思う。
期間的にはそんなに長くないけど、ちょうど年末年始で仕事も調整できたし
本当に良いタイミングだった。

美術部に配属されると思う、という返信がきた。
履歴書に美大卒と書いたからかなー。
そんなに大規模な予算の映画でもないと思ってたんだけど
美術部とかあるのねー。
血のりとか仕込めたらいいな。血のりの仕組みを知りたい。
でも流血シーンとか絶対なさそうな映画だ!!
美大卒でもかなりぶきっちょな部類だけど、とにかく頑張る。
盗めるだけ盗むのだ!!!!!

話ちょっと変わるけど、
東京フィルメックスで園子温「BAD FILM」、アピチャッポン「メコンホテル」観てきた。
「BAD FILM」は1995年に撮影して未完成だったものを最近完成させたらしい。
前に園監督のフィルモグラフィで「BAD FILM」の説明を読んですごく観たかったから
これは絶対行かなきゃと思った作品です。
観て良かった。
これは自主制作でできる限界地点なんじゃないか??と思った。
DIY感と、これよくできたな、というほんとむちゃくちゃな映画。
中央線の車内で、日本人自警団のグループと中国人自警団のグループがタイマン張るシーンとか
ぜったいゲリラ撮影だけど、ほんとによくやるなと思った。
撮影エキストラだけで満員電車くらいの人がいるんだもん。
その日は上映後、監督の質疑応答があった、
これを作る前はしばらく映画作りから離れていて
東京ガガガという集団で渋谷で路上パフォーマンスをしていて、
そのメンバーが2000人を越えたから映像撮ってみようかなと思ったらしい。
私が園子温の映画を観るきっかけになったのは、
多摩美で椹木野衣先生のゼミをとっていたとき
椹木先生が「愛のむきだし」という映画が今度公開されるから絶対観に行って!と
飲み会で仰っていたからだ。
そのとき園子温と東京ガガガの名前を初めて聞いた。
怪しげな名前だと思った。
私は「愛のむきだし」の公開まで待てなくて
ツタヤで「紀子の食卓」と「自殺サークル」を借りた。
両方衝撃的だった。
ああ、橋本のあのアパートを思いだすなぁ。
たかだか3,4年前だけどすっごい前の出来事みたいだ。
とにかく「BAD FILM」、観れて良かった。
監督自身も出演してるんだけど、Sonic youthのTシャツ着てたり
出演者の格好も、態度も、街のムードも、とても90年代だった。
キッチュなプリントTシャツにロックな鋲付きチョーカーの
組み合わせとか90年代だよね。思いだしたよ。。
オルタナティブロックとクラシックが印象的に使われていた。
地下鉄サリン事件の直前に撮影していたそうだ。
映画の中でも登場人物達の思惑とは全く関係なしに
いきなり地下鉄でテロが起こるというプロットがあったが
本当に現実でテロが起こってしまったのでそのシーンはカットしたとのこと。
それを聞いて山本直樹の「ありがとう」を思いだした。
「ありがとう」も地下鉄サリン事件の直前に連載していて
現実が異様な空気感になってきていたのでそれに負けないように
現実より面白いものを作るんだ、と張り合うようにして
描いていた、と山本直樹がどっかで言っていたような気がする。(あくまで記憶)
私はそのとき小学校高学年〜中学生だった。
そのときのことについては、同い年のごく近い関係の人とはたまに話すけど、
未だにあれがなんだったのか、、、とにかく
今もカオス状態だけどあのときもカオス状態だったのだ。

[page 8 of 12] « TOP...678910...END »