Blog

Archives:

Categories:

Meta:

[page 11 of 12] « TOP...89101112

2012.02.10

NYに行ってきた 2

何となく書き終えてはみたものの、書き足りないような気がしたのでさらに書いてみる。
ここからはたぶんメモ的になると思う。

私はニューヨークに出発する前、ロベルト・ボラーニョの「野生の探偵たち」という長編を読んでいる途中だった。それはすごく面白くて、旅行に持っていきたかったけどハードカバーだったうえに分厚かったので断念した。
それはボラーニョの(たぶん)半自伝的小説で、初めの章は日記の形式になっている。
私はメキシコシティの迷宮に紛れ込んだような錯覚に陥ったまま、ニューヨークに旅立った。
そして何人かのラテンアメリカの人たちと話した。
そして日本に帰ってきて、「野生の探偵たち」の続きを読んでいる。まだ読み終わっていない。
この小説はさらに入り組んで錯綜してきて、空気が濃くなり、私は読みながら酔ったような気分になっている。そして少々吐きそうだ。
これはつまらないという意味じゃない。むしろその間逆だ。

1960年代から1970年代、今よりもっと芸術家たちは世界を行き来し、つながっていたのか? という疑問が沸く。
「野生の探偵たち」は若い詩人たちの話だ。
彼らは「はらわたリアリズム」という前衛的な詩の運動に参加している。舞台はメキシコシティからスペイン、フランス、イスラエル、、とどんどん広がっていく。
小説の中には有名な巨匠、今では忘れ去られた作家、スペイン語圏では有名なのかもしれないけど私には全くなじみのないたくさんの作家の名前が出てくる。ピカソやピカビアやブラック、デュシャンの名前もあった。
私は戦後の日本の芸術家たちを思いだした。特にニューヨークのDavid Zwirnerで個展が開かれていたのと、Dia:Beaconで作品を見たせいもあると思うけど、河原温のことを考えた。
河原温は日本でしばらく活動したあと、たしかメキシコに行ったのだったと思う。
前に図書館で昔の美術手帖を見直していた時に(たしか1950年代か60年代のいつか)、河原温の手記が載っていて、その中でメキシコの美術に自分に求めていた何かがあると河原温が書いていたような覚えがある。
そして今まったく突然思いだしたのは、Francis Alysがなぜかメキシコに移住しているということだ。
私はそういえばAlysがなぜメキシコに行ったのか不思議に思っていた。Alysはもともとベルギーに生まれて、イタリアに留学し、そのあとメキシコに行ったのだと記憶している。
メキシコに何があったのだろう。

おそらく共産主義の革命に関するなんらかが関係しているような気がするけど、
今のところは不勉強でよくわからないし、まったく関係ないような気もする。
(特にAlysは年代が違うので違うかも)
でもディエゴ・リベラとフリーダ・カーロが活躍していたのは1950年あたり(今調べたらたぶんその少し前)だ。メキシコに何があったのか。

この文章も錯綜してきたからそろそろやめたほうがいいかもしれない。
とにかく私は最近戦後の日本の芸術家たちのことをしばしば考える。あとナム・ジュン・パイクのことも。

2012.02.10

NYに行ってきた

おととい2週間のニューヨーク旅行から帰ってきた。
たった2週間だったのに1ヶ月もいたみたいな気がする。
いろんな国の人と話したし友達ができた。特になぜかラテンアメリカの人とよく話した。
出発前ロベルト・ボラーニョ(チリ人)の小説をずっと読んでいたから無意識にそうなったのかな。
一番仲良くなったのはアルゼンチン人の女の子だ。
でも自分から積極的にラテンアメリカの人に話しかけていたわけでもない。
なんとなくなりゆきで、ホステル内のアルゼンチン、ブラジルコミュニティみたいなところに
紛れ込んでいた。
ロベルト・ボラーニョの本は日本では2冊しか翻訳されてないけど、ニューヨークの本屋にはたくさん翻訳本があったので1冊買った。
Nazi literature in the Americansという本。
私は初めこれを「アメリカ人たちのナチ文学」とかそういう感じの意味だろうと考えていた。
でもアルゼンチン人のGabyが、Americanというのは正式にはアメリカ大陸に住む人たちを指すのだと
言っていた。それはたとえばアジア人とかヨーロッパ人みたいな意味合いのもので、U.S.A.に住む人たちだけを指す言葉じゃない。だから私はU.S.A国籍の人たちをAmericanと呼ぶのは好きじゃない。
と(たぶんそのようなことを)言っていた。
本を読んでみればやっぱりそれはU.S.A.を指していたのではなかった。
舞台はブエノスアイレスだったから。

それはそうと、へたくそな英語でも結構コミュニケーションがとれるもんだなと思った。
ただし夢にも英語が出てきてうなされたし、最後の方には日本語に飢えていたのか
日本語で寝言を言っていた(!)
自分が日本語で叫んでいるのを聞いて驚いて飛び起きたのだ。
一緒の部屋の人はきっともっとびっくりしたと思う。(でも1回だけだと思う、そう信じたい。)
ホステルにいた人たちはみんな英語が上手だった。韓国人の女の子とも同室になって彼女とも仲良くなった。彼女は10代の頃安室奈美恵が好きだったらしく、安室ちゃんの生年月日を教えてくれた。
私は知らなかったので笑った。
1人旅をしている女の子も多くて、しかも長期旅行(1ヶ月とかそれ以上)の場合も珍しくなかった。
みんなすごい。と単純に思った。
私より年下の子が多かったけど、みんなタフだ。

ニューヨークには色んな人種の人がいて、あたりまえにそれは事前情報として知ってはいたけど、
実際に身を置いてみると、それはとても良いものだった。
なんだかリラックスした。
東京に住んでいるとちょっとした差異の中で競争しなくちゃいけないというプレッシャーが常にあって
それが私をより神経質な人間にさせているんだなと感じた。
(みんなが似たような考え方をするなかで、どうやって似ないようにするか、自分というものが
あるのかないのか、それを守っていけるのか、、というような事を常に考えていないといけないと
疲れる。でも全然違う感じの人ばかりだと、初めから全然違うから楽。)
もちろんそこに住んでいる人間と、ただ旅行している人間とは全然違うと思うけど。

2012.01.09

新春ドローイング大喜利

昨日オンゴーイングで山本さん、高石くんと私の3人で
新春恒例!ドローイング大喜利というものをやった。(恒例とかいいつつ今回が初めて)
司会者(小川さん)やお客さんからお題を出してもらって
それに対して3人がドローイングで答えるというもの。
3分間の制限時間内で、みんなを唸らせるような解答をださなくちゃいけない。
解答の面白さによって座布団ならぬコースターがもらえるんだけど、
つまらないと没収されることもある。
それで最終的にコースターが一番多かった人が勝ちというルール。

これがとにかく刺激的だった。刺激的すぎて冷や汗をかいた。
私は初めは好調だったんだけど、だんだんまったくアイデアが浮かばなくなり
小川さんから「地主さん不調だね」やら「ほらほら最下位になっちゃうよ」
などの野次が飛び、やばいやばい思いつかない!と焦りつつ3分間で絵を仕上げる。
という、やってみるとまさに鬼のような企画だった。
お題がまた難しくて、「おぼろげな夜」「たいと茶漬け」「13日の金曜日」「地獄で会った美女」、、など。
しかもベタな解答をしてしまうと「そのまますぎて広がらないね。はい、次!」
と容赦ない進行なのだ。

とはいえ、とても面白かったのはたしかだ。
まず面白かったのは素の部分がむきだしになったこと。
制限時間が3分しかないし、次々にお題がくるので繕っている暇がない。
だから三者三様の個性が見えて面白かった。
山本さんの解答は「どれだけ酸いも甘いも噛み分けてるんですか?!」という感じで
「この素晴らしき俗世界よ」とキャッチフレーズでもつけたくなるようなブラックユーモア
あふれるものだった。
高石くんは持久力があって、常に一定のクオリティを保っていた。しかもどんどん良くなっていた。
私とは対照的だ。
私は完全に短距離走者であった。

結局優勝したのは高石くん。
この企画、他の人がやっているのも見てみたい。
そしてテレビに出ているひな壇芸人の気持ちがよくわかった気がする。

2012.01.01

あけましておめでとうございます。


昨年お世話になった方、ありがとうございました。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

地主麻衣子

2011.12.20

三月の5日間を見た

昨日、チェルフィッチュの三月の5日間を見た。
とても衝撃を受けて、今も衝撃を受けている。
100回公演記念と書いてあったし、いろんな国で上演もされているようなので、
今までにたくさんの人たちがこの作品を見てきたということだ。
そのことがなんだか不思議に思える。
なぜかというと、私はこの作品を見ながら、この作品の中で起こっていた出来事を心の中で
体験してしまった。
だから今、作品について思い起こすと、自分の個人的な体験を思い起こしているような気分になってしまう。
だから、この作品が「みんなのもの(公共のもの)」であることが不思議だ。

2011.12.19

Ongoing Xmas

Art center ongoingで毎年恒例のXmas展に参加します!
2011年12月21日(水)〜24日(土)
12:00〜21:00
http://www.ongoing.jp/gallery/xmas2011.html
【展示予定作家】
小沢裕子、阪本勇、宮本穂曇、大木裕之、池田拓馬、笠原出、永畑智大、近藤由美、古橋香、伊佐治雄悟、村野正徳、鷺山啓輔、ウタマロケンジ、鈴木光、和田昌宏、地主麻衣子、出津京子、原田賢幸、青木真莉子 and more !!! 

2011.12.13

アーティストショッキング展


新宿眼科画廊でグループ展に参加します。
新宿眼科画廊のサテライトイベント「原宿眼科画廊」に出演してきた作家達が
全員集合したグループ展です。

アーティストショッキング展
2011年12月16日(金)~21日(水)
12:00~20:00(展示最終日~17:00)
新宿眼科画廊
http://www.gankagarou.com/sche/201112artist_s.html
* オープニングイベント:出張原宿眼科画廊 in 新宿 / 12月17日(土)18時~
アーティストショッキング総集編、テクマ!トーク、星キラライブ、他

〔参加作家〕
Takiguchi → 本柳礼文→小畑多丘→ TENGA → MHAK as Masahiro Akutagawa →荻野竜一→
山口崇洋→谷口暁彦→多田ひと美→地主麻衣子→???

〔概要〕
2011年2月より、新宿眼科画廊のラウンジ企画として
毎月第一水曜日に「原宿眼科画廊」というトーク&ライブイベントを開催しております。
イベント内では毎回「アーティストショッキング」というコーナーにて、
ゲストアーティストが次のゲストを紹介してゆくというお馴染のスタイルに則ったトークイベントを行っており、
今回は本年度のアーティストショッキングに御出演頂きましたゲストの方をお招きし、展覧会を開催致します。
17日(土)にはアーティストショッキング総集編も行いますので是非ご高覧下さい。

★各参加作家プロフィールはこちらのページをご参照下さい→原宿眼科画廊出演アーティスト

2011.12.10

今日は月食みたいですね!

原宿眼科画廊で話してきました。
思ったよりフレンドリーな雰囲気で助かった!
そこで、アーティストショッキングは今後も続くということが判明したので
ここで訂正しておきます。
前回一旦終わりなんて書いてしまったので、すみませーん。

今日は月食みたいですね。
見に行かないと。近くの坂にでも行くか。
今日は朝、坂から富士山がきれいに見えたから、きっと月食もきれいに見えることでしょう。

2011.12.06

原宿眼科画廊で自作について話します。


新宿眼科画廊のサテライトイベント「原宿眼科画廊」で自作について話します。

原宿眼科画廊 第10回:2011年12月7日(水)
http://www.gankagarou.com/hara/schedule.html
open20:00 / start21:00
entrance charge / ¥free-
出演 / 木村州兵、 須永健太郎、地主麻衣子、テクマ!、さちこ(サーチン)
星屑のキラメキ、たなかちえこ、ぬまたまご部長 、and more

■番組内容
〔アーティストショッキング〕 第10回ゲスト:地主麻衣子
〔テクマ!のビューティー講座〕 アドバイザー:テクマ!
〔さちこの部屋〕 さちこ(サーチン)
〔ライブ〕 木村州兵、 須永健太郎、テクマ!、星屑のキラメキ、他
〔DJ〕 ぬまたまご部長
〔司会〕 たなかちえこ

会場:Ucess the lounge
東京都渋谷区神宮前4-32-13 JPR神宮前5F
HP:http://www.ucess.jp
Phone:03-6807-1588  Fax:03-6807-1589
〔アクセス〕
・東京メトロ千代田線明治神宮前5番出口から徒歩2分
・JR原宿駅から徒歩2分
・明治通沿いアストロホール左隣ビル5F

私が出演するのはアーティストショッキングというイベント冒頭15分くらいのコーナーです。
テレフォンショッキングみたいにアーティストが次のアーティストを紹介していくという形のようで、
私はどっぢの多田さんから紹介されました。
そしてこのイベント(このコーナー?)は今回で一旦終わってしまうようで、
私が最後のゲストということでした!
原宿近辺に用事がある方は、入場無料ですのでふらっと遊びに来てくれたら嬉しいです。
ちなみに12/16(金)〜本家新宿眼科画廊にてアーティストショッキング展という
今までこのコーナーに出演してきた人たちのグループ展があります。
詳細はNewsにアップしましたー

2011.12.02

肌荒れがひどいときは

肌荒れがひどいときは、トマトジュースとオレンジジュースを1対1で割って
レモン汁を少し加えたものを飲む。
がぶがぶ飲む。
コップになみなみと注いだものを3杯くらい。
すると次の日、肌荒れが少しおさまる。

さて、orbisのカタログが届いたよ、と。
orbis結構良いですね。

2011.11.29

天才 女の子 ドラマー

多田さんとやっている朗読バンドどっぢですが、今年の夏は結構活動してました。
普段のどっぢのライブ頻度から言えば、プチツアーと呼べるほど。
3ヶ月くらいの間にアキバタマビ→高円寺AMP→Ongoing→アキバタマビ
しかも新作2つ作ってるし。
(たぶんこのツアーとバウスが終わって、燃え尽きた)
worksのページのperformanceのところにいくつかアップしたので
良かったら見てください。
「天才 女の子 ドラマー」という作品は
私の映像にも出てもらった女優の菊川さんと3人でやってます。
菊川さんはドラムも叩ける女優さんなのです。
自分としてはongoingでやったやつが好きです。

2011.11.28

誰かへ。

こんにちは。
ひさびさのブログです。
何度かブログを書こうかなぁと思ったことがあったけど、
書きかけてはやっぱりやめとこうというのが続いていました。
世の中の人は、face bookとかtwitterとかブログとか
どういう心持ちでやっているんだろう。
日記みたいに自己検閲なしでダダ漏れにはできないし、
かといってカタすぎるつぶやきもねぇ。
私はいまだに距離感がつかめません。

最近絵を描いているのですが、かなり辛いです。
辛いものを辛いと言ってしまったら身も蓋もないけど。
頭を掻きむしってベッドにダイブして、
虚ろな眼で制作途中の絵を眺める日々です。
ちょっと前に完成させた映像作品に全身全霊をかけて取り組んでいたので、
今、私はからっぽのもぬけの殻という感じです。
なんの創造性も持ち合わせていません。

このあいだ絵を描きながら、デミアン・ハーストの髑髏の絵を思いだしました。
有名なサメとか牛を輪切りにした作品のあとに髑髏の絵を描いていたと思うんだけど
(正確にハーストの活動を追っているわけではないので確実ではない)
その髑髏の絵がめちゃしょぼかったんですよね。
予備校生のころに読んだ美術手帖にその図版が載っていて、
私は一目見てださいと思いました。
記事の論調もそんなような感じで、「ハースト、どうした?』的な感じだったと思います。
うろ覚えですが。
その髑髏の絵を思いだして、きっとハーストも一度燃え尽きたんだなぁとしみじみしました。

私もヒドい出来の作品を前にしても自棄を起こさないようにしたいと思います。

2011.10.06

吉祥寺バウスシアターで映像が上映されます。


あの、あこがれの、バウスシアターで、映像が、上映、されます!

TERATOTERA祭りの一環としてのイベントです。
このお祭りかなり大規模で、ライブでは大友良英さんとか原田郁子さん達が出演するようです。
デパートの屋上で美術の展示があったりとか、どうなるのか楽しみですね〜
(TERATORERA祭りの開催期間とバウスの上映日程が少しずれていますのでご注意ください。)

2011/10/22(土)〜11/4(金)
各日21:00〜
入場料1300円
http://teratotera.jp/event/fes02.html

私の映像はプログラムCです。
ぜひ見に来てくださーい。

2011.10.06

10/10体育の日、どっぢやります。


「ASOKO × おんたま presents – 素敵なお部屋探し -」
2011年10月10日(月・体育の日) 16:00 -
場所:アキバタマビ21
http://info.ontama.org/?p=264

出演:杏窪彌(アンアミン)、玉田シンタロー& Magic ink、どっぢ、谷口暁彦 and more….
ASOKO > http://d.hatena.ne.jp/sajonpork/
おんたま > http://ontama.org/

「ユートピアのお知らせ」のクロージングイベントとして開催されます。
どっぢライブやります。

2011.09.08

メモ的に。

私は贅沢なものを作りたいと思う。
削ぎ落としたものよりも、いろんな要素が繊細に構築されているものがいい。
すごく美味しいけど、すごく複雑な味。どうやって作ったのかわからないような味のするものを作りたい。
そういうものをアメイジング!って思う。

たとえば矢野顕子の音楽とか、そういう感じがする。
すごい飛び方してる。
そこでそんな音入れる?!っていうのがたくさん散りばめられてるけど、
全体としてはフランス料理みたいに見事に調和している。
それを聴くと、美味しいものを食べたときみたいに脳みそが興奮する。
3大欲求の快楽に匹敵するくらいの興奮なんだ。

脳みその快楽っていうのは重要ポイント。
きっと。

2011.09.08

肥えた土地おわりました。

アキバタマビでの展示「肥えた土地」が無事に終了しました。
私の夏が終わりました。
来てくださった皆様本当にありがとうございました。

燃え尽き症候群なのか、最近存在感が薄くなってる。
すーっと消え入りそうな感じ。
平日仕事、土日毎週イベント続きだったのでさすがに疲れた。

とはいえ、次回はもっと作り込んだ映画を作りたいなーとも思っている。
どうやったら映画って作れるのかな?
俳優さんとかにお願いしたいし、日本家屋のセットとか使いたいなあ。
おととい黒澤明の「羅生門」と成瀬巳喜男の「めし」を見た。
羅生門すごかった。いろんな要素が盛り込まれてて贅沢。
志村喬が山道を歩いていくシーンとかかっこ良すぎるし、どうやって撮ったの?!って感じ。
立ち回りのシーンも一回目はチャンバラの華麗な太刀さばきなんだけど、
二回目はぶるぶる逃げ腰でリアルな人間の真剣勝負、、と演出のしかたがクリアだ。
あと京マチ子の存在感がなんともいえず色っぽい。
ネットで京マチ子はマーロン・ブランドにプロポーズされたって書いてあって
デマかもしれないけど、なんか納得した。
というのはマーロン・ブランドはマイルス・デイビスの奥さんのフランシスという女の人にも
アプローチしてたらしくて、京マチ子は彼女と雰囲気が似ているからだ。
豊かな感じ。こういう女の人には憧れちゃうなー。
自分とは全然違うタイプなんだけどね。

「めし」も面白かった。
成瀬巳喜男は初めて見た。プイグが好きって言ってたし、川端康成とも関わってるっぽいから
見たかったんだよねー。
他のももっと見たいと思った。

あと、ハンターハンターを一気に読んだ。面白かった!
ハンターハンターも贅沢。展開の意外さ半端ない。
安易に逃げずに粘り腰で詰めていく感じは見習いたい!!!

[page 11 of 12] « TOP...89101112